照明器具を変更して家族の住みやすい空間にする

インテリアにこだわって部屋づくりを行おう

参考にする

フランスのインテリアコーディネートとは

フランステイストのインテリアコーディネートには日本人でも憧れる人が多いのではないでしょうか。フレンチ風のインテリア小物というのが日本で売られていても実は日本人の好みにアレンジされていたりしてフランス人からしたら違和感のあるものも多いでしょう。フランスでは古い家を改装して住んだり古いアンティークの家具などを綺麗にして使ったりする習慣があります。最近では外国のモダンなスタイルを取り入れているような人も多くなってきましたが、フランスっぽさを出したいのであればフランスの田舎の家などをイメージしてフレンチカントリースタイルなどをまずはチェックしてみると良いでしょう。他にもフレンチシャビーやロココなどフランスの歴史に関わるインテリアコーディネートも要チェックです。

フランスらしさを出すためのポイント

フランスっぽいアイテムというのをまずはフランスのインテリア雑誌などをチェックしながら知ることが大切です。旅行の際に本を買うのも良いですし、歴史に残るお城や有名人の邸宅をみるのも良いでしょう。また、そういったことが難しい人はインターネットでも十分情報収集は可能です。その中でも特にフレンチカントリーだと花柄やレース、チェックなどの柄を上手く取り入れたりシャビースタイルであれば古い木を使った小物を取り入れたりロココだったら猫足家具を取り入れたりすることでフランス風のインテリアコーディネートが作りやすくなってきます。また、全体を上手くまとめるためには、フランスのインテリアコーディネートを得意とする有名スタイリストの技をブログなどから参考にすると良いでしょう。