照明器具を変更して家族の住みやすい空間にする

インテリアにこだわって部屋づくりを行おう

購入する

照明器具は家電量販店やインテリアショップ、通信販売もされるようになりました。 金額や価格については商品価格の比較できるサイトも現れてここを利用することでより安く購入することが出来るようになって来ました。 店舗同士が価格競争を行うために価格は時期によって変動はするものの、売り出された時期を経過するうちにだんだんと下がってくる傾向にあると見えます。 照明器具のネット販売を行うサイトにおいては激安販売も行われており、標準価格の4割前後の値段で販売されているケースも見られます。これはLED照明などの照明器具とかは大量生産にはまだ向かず市場に出まわり始めたばかりでもあったため価格は高い設定になっていましたが、ようやく価格が下がって来たという印象があります。

火を起こすようになってからは松明などで灯りを取っていたとされます。 その後粘土で作った皿状の容器に油を入れて灯芯を載せ、火を灯すようになったとされています。 我国では明治時代になるまでは照明器具としては行灯が用いられていました。ロウソクが使われ出すと風よけのちょうちんなどが使われたようです。石油が採掘されるようになって後は灯油がもっぱら使用されるようになりました。 19世紀にはガス灯などが街灯として見られた時期もありましたし、ランタンと呼ばれる吊り下げ式の器具を使用していたところもありました。 米国の発明家によって白熱電球が作られ万国博覧会に出品されて脚光を浴びました。その後寿命も長くてランプ効率の良い蛍光灯が普及しました。 二酸化炭素削減が課題となってからはLED電球が市場に現れるようになって来ました。